ダニアレルギーとは?

布や畳など、家の中なら何処にでも発生する可能性があるのがダニ。

刺されて腫れるだけならともかく、フンや死骸によって色々なアレルギーが起こってしまうので、何が原因で症状が出ているのかわかりにくいのもダニの怖いところですよね。

 

なんだか体調が悪い、そんな時はひょっとしたらダニアレルギーかもしれません。

原因不明の体調不良でお悩みの方向けに、代表的なダニアレルギーの症状をご紹介します。

 

 

ひょっとしてアレルギーかも?ダニが原因で起こる症状とは!?

というわけでダニが原因で起こるアレルギーの症状を見てみましょう。

 

肌や目のかゆみの症状

 

  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー鼻炎

 

まずひとつめは肌や目の痒み。

ダニの死骸やフンが皮膚や粘膜に付着することで、体の免疫反応が激しく反応してしまい、炎症を起こしてしまう症状です。

軽い症状なら痒みで収まりますが、症状が重いと痛みが出たり、腫れてしまったりすることもあります。

特に目に症状が出た場合は要注意。

かゆいからといって擦ってしまうと、目に傷が付いて別の病気の原因になったり、症状がさらに重くなってしまうことも。

 

対処法は、病院で塗り薬や目薬などの薬を処方して貰うことですが、応急処置として炎症を起こした部分を冷やすと症状が軽くなります。

ただ、元々の原因はダニなので、ダニ捕りシートなどで屋内のダニを退治しないと完治は難しいでしょう。

 

 

のどの痛みや咳の症状

 

  • 気管支喘息
  • アレルギー性結膜炎

 

ふたつめの症状は、喉の痛みや咳などの呼吸器系の症状です。

鼻の粘膜が炎症を起こすと、鼻水が、喉の粘膜に炎症が起こると咳や喉の痛みなどの症状が現れます。

花粉症と同じく、アレルゲンが原因で粘膜が腫れていることが原因ですので、花粉症の薬を飲むと症状をある程度抑えることができますが、完全に治すためにはダニ退治と病院での治療が必要です。

 

 

ダニアレルギーが起こりやすい時期はいつ?

ダニが一番多く繁殖している時期は1年のうちで7月の中旬から9月にかけての時期です。

ですが、この時期に一番ダニアレルギーが起こりやすいかといえばそうではありません。なぜなら、ダニアレルギーはダニそのものではなく、ダニの糞や死骸によって引き起こされることの方が多いからです。

こういったダニの糞や死骸のことを”ダニダスト”と呼び、これらがアレルギーを発症させる原因となります。

 

その点を考慮すると、ダニアレルギーが一番起こりやすいのは繁殖期を過ぎて死んでいくダニが多い9月中旬から11月にかけての時期にあたるといえます。

 

 

 

ダニの糞は侮れない

実はダニは、1日に6回ほど糞をします。そして生きている間で約500個ほどの糞をしています。

カーペットにいるダニのことを考えると約2000匹のダニが毎日糞をすると考えると、1日で1万2千個の糞が家じゅうにまき散らせていることになります。

 

 

こう考えると恐ろしいですよね。こうした糞は、小さく砕かれ呼吸器に入ってきます。するとダニアレルギーが引き起こされてしまうというわけです。

なので、ダニアレルギーを何とかしたいのであればダニの糞掃除はとても重要だということがわかると思います。

 

ダニの糞は、掃除機をしっかりと懸けることで除去することができるので小まめな掃除が大切です。

 

 

 

屋内のダニはどうやって退治すればいい?

ダニは、カーペットや畳、布団、クッションなど、布の中に多く隠れています。

そのため、掃除機をかけても完璧には取り切れませんし、布団乾燥機でも布団次第では十分にダニを退治することができません。

また、ダニアレルギーは生きているダニだけではなく、ダニの死骸やフンによっても起こりますので、できるだけ死骸などもきれいに取り切ってしまう必要があります。

 

日常的にできる方法なら、布団なら黒いカバーをかけてじっくり天日干しし、掃除機で死骸を取り除く、洗えるものなら洗濯してしまうと良いでしょう。

畳やカーペットなど、洗浄が難しいものは薬品の煙で害虫を駆除する製品を使うと対処できます。

 

とはいえ、家の中の布製品全てに対処していくのは難しいですし、卵や成体が少しでも残っているとすぐにまた繁殖してしまうため、ずっと対処し続けるのは大変です。

 

 

そこでおすすめなのが、おいておくだけでダニを捕まえて駆除してくれるダニ捕りマット。

 

 

生きているダニを捕らえて逃がさないので、死骸を掃除する必要もなく、置いておくだけで簡単にダニアレルギー対策になります。

少々お金はかかってしまいますが手間や効果を考えると効率的といえるかもしれません。

 

 

殺虫剤を部屋中に撒く必要もないので、小さなお子様やペットが居るご家庭でも安心して使用することができるのも嬉しいところ。

ただ、ダニ捕りマットも商品によっては薬品の臭いがきつかったり、十分にダニを捕まえることができないなんてこともあります。

 

臭いが少なく、しっかりとダニを退治してくれるマットをお探しなら、当サイトでご紹介しているダニ捕りロボや、ダニピタ君がおすすめです。

どちらも臭いは少なめで気になりませんし、1度設置すれば3カ月効果が持続するので、手間もかかりません。

 

原因不明の咳や目の痒みなどでお悩みの方、子供が喘息を起こして困っているという方、ひょっとしたら原因はダニかもしれません。

1度室内をきれいに掃除し、ダニ捕りマットを設置してダニ対策をしてみましょう。