家の中に沸いてしまったダニやノミ、ゴキブリを一網打尽にする方法といえば、バルサンです。

バルサンは、薬品を燃やした煙や、霧状にした薬剤を噴霧することで害虫を退治する製品。

1度使用するだけで室内の害虫を駆除できる便利な製品ですが、本当にダニ退治に効果はあるのでしょうか?

 

 

バルサンはダニ対策にも使えるの?

基本的に、販売されているバルサンはどの製品もダニの駆除に対応しています。

ですので、ダニが気になるという方はバルサンを使用することで室内にいるダニをほぼ駆除することができるでしょう。

 

しかし、ダニなどの害虫を退治することはできますが、残念ながら死骸は残ってしまうため、ダニアレルギーの原因を完全に除去することはできません。

また、バルサンの煙は隙間の奥まで入ってしまうため、精密機械にも入り込んでしまい、故障の原因となってしまうこともあるのです。

 

バルサンはダニ退治にとても効果的ですが、下準備や使用後に死骸を掃除する必要があるので、手軽なダニ対策とは言えないでしょう。

 

 

バルサンで副作用が起き「たり、体に悪い影響が出ることはあるの?

バルサンは部屋中に薬剤を浸透させる製品ですので、使用後に体に触れたり、吸い込んでしまったりした場合に体に悪い影響が出てしまわないか不安に思われる方も多いと思います。

ですが、基本的に哺乳類に対して影響の無い薬剤が使われていますし、使用後残る量も少ないので、換気するだけで室内に残った成分はほぼなくなるようです。

 

また、壁や家具などに付着した成分も、光が当たると分解されるように作られていますので、しばらく経てばほぼ完全に薬の効果は無くなります。

ですので、用法用量を守ってきちんと使用すれば、バルサンが原因で体調を崩してしまうことはないでしょう。

 

 

ダニ対策でバルサンを使うのはおすすめ?

ダニの駆除を目的としてバルサンを使うと、ダニは確かに駆除できるのですが、先ほどもご説明したとおり、死骸やフンの除去はできません。

また、卵についても駆除することができないため、定期的に使用しなければまたダニが繁殖してしまいます。

 

バルサンを使用する際には、火災報知器が反応しないようにカバーを取り付ける必要がありますし、パソコンなどの精密機器が故障しないようにビニールなどで保護しておく手間がかかるため、定期的に使用するのは大変です。

ダニが繁殖しすぎてすぐに駆除したいという状況なら効果的ですが、ずっとダニの発生を抑えたいという目的には向いていませんので、そのような目的で使用する場合には別の製品を使った方が良いでしょう。

 

 

長期間ダニ対策をしたいならダニ捕りマットがおすすめ!

バルサンは一時的に高い効果を発揮しますが、長期間ダニ対策をしたいという場合には、ダニ捕りマットがおすすめです。

ダニ捕りマットは、ごきぶりホイホイのように設置するだけでダニをおびき寄せ、内部に入ってきたダニを捕らえてしまうアイテム。

 

死骸やフンが飛び散らないよう工夫されているので、置いておくだけでどんどん室内のダニが減っていくスグレモノです。

使用できる期間も、1個設置すれば3か月間効果が持続するので、交換する手間もほとんどかかりません。

 

ダニの被害でお悩みという方は、まずバルサンを焚いてダニを駆除し、掃除機をかけてダニの死骸やフン、卵を除去。

そして、最後にダニ捕りマットを布団のそばやダニが居そうな場所に設置すれば、残った卵からダニが産まれても、ダニ捕りマットの効果で増殖するのを防ぐことができます。

 

ダニの数が少なく、なんとなく気になるという状況なら、ダニ捕りマットを設置するだけでも十分効果的です。

小さなお子様がいる場合や、バルサンの影響を受けやすい魚や虫を飼われているという方は、ダニ捕りマットで対策すると良いでしょう。