乾燥機でダニは死なないのか?

 

布団乾燥機をかけて温風でカラっと乾燥させたはずなのに、再びダニに刺されるとダニ退治機能なのに退治できないの?

と思うことも有るでしょう。

 

そんな時には、布団乾燥機が持つ本来の性能が活かせていない可能性が高いです。

 

布団乾燥機でダニを退治するのに必要なのは、60度以上の高温で1時間維持する必要があります。

乾燥機の形状でフラットタイプや、マットなしのタイプではせっかくの装置の熱も逃げてしまいやすい難点があります。

 

形状としてはマットで布団全体を包んてしまうタイプの方が、ダニ退治に必要な温度までの上昇、維持をしやすくなっていることが言えます。

 

正しく布団乾燥機を使うことでダニ退治をすることが可能です。

 

間違った乾燥機の使い方

布団乾燥機を使うと簡単に布団を快適な状態に維持できますが、ダニ退治モードで処理をしても実際には思うように布団の温度をダニが退治できるところまで上げられていないことがあります。

 

袋型のマットに布団を入れてしまうタイプでは温度を上げるのも密封状態になるので温度上昇と維持も比較的簡単です。

 

しかし布団全体を包むマットが無くホースにアタッチメントを装着するタイプの場合は、布団の内側で部分的に温度が上がりますが、全体の温度を上げるのは難しくなります。

 

温度が上がっていない部分にダニが逃げてしまい、思ったようなダニ退治の効果が出ないことに繋がります。

 

布団を天気が良い日に日光に干した時に布団の裏側に逃げ込むのと一緒で、布団乾燥機でも加熱にムラがあることでダニ退治がうまくいかないことが出てきます。

 

正しい乾燥機の使い方

ダニを退治するために効果が有る時間は、最低でも50度以上で1時間以上。

大体60度で2時間を目安にしている布団乾燥機が多くなっています。

 

ダニは小さくてもかなりタフな生き物なので、中途半端に洗濯したり乾燥機をかけても効果をしっかりと得ることはできないのです。

 

マットなしの布団乾燥機を使ってダニ退治をする場合は、温風を出すホースの位置を移動しながら乾燥させる必要があります。

 

更にダニの発生のピークが過ぎる10月辺りまで、ダニの退治を目的として乾燥機をかけるのであれば

梅雨時のダニ発生のピークは1日に2回、3日続ける

ダニの予防には1、2周間に1回

冬場は月に1度

といったペースを目安にしましょう。

 

ダニ発生のピーク時は週に1回の使用で退治できるダニの数は全体数の3分の2程度なので、こまめな乾燥作業を行うのがダニの発生数を少なくするのに欠かせません。

 

布団乾燥機で布団がさっぱりしたところで、ダニの死骸は布団に残っていますので仕上げに布団全体に掃除機をかけて乾燥作業は終わりです。

 

布団用の掃除機を使うとダニを叩いて弾き出す効果もありますので、より有効です。

 

ダニのエサになる、人のフケや垢、ホコリ、カビなどを布団の表面に残すことが無いようにこまめに掃除機がけをするのもダニ付着の予防に効果的ですし、布団まるごとの乾燥機の使用頻度を押さえることにも繋がります。

 

乾燥機よりも簡単にできるダニ退治法

ダニ捕りシート

小型のシートを対策が必要な家具の下や隙間に置くだけで、誘引剤の匂いでダニをおびき寄せて内側に閉じ込めて退治します。
処理も燃えるゴミとして簡単に捨てる事ができ、扱いの簡単さが魅力です。

 

サイクロン掃除機のゴミパックの処理と違ってホコリを出したり、入ったダニが外側に出てくることもないのでアレルギーの人でも安心して扱えます。

 

乾燥機での作業を何回も行うのはとても大変ですが1度設置すると効果の持続期間の間シートにダニをおびき寄せて退治してくれるため、掃除機がけの負担も同時に減らしてくれます。

 

ダニ捕りシートのメリット・デメリット

「メリット」

  • シートを置くだけで使えるので導入と処分が簡単
  • 殺虫成分を含まないので、ペットや赤ちゃんが居る家庭でも安全に使える
  • 柔らかい素材でできており、狭い場所でのダニ対策にもぴったり
  • 布団乾燥、掃除機がけの負担も軽減してくれる
  • 簡単にアレルギー症状の緩和が見込める

ダニ捕りシートの素材は触れても安全で、アイロンのように熱を出したり薬品による反応が無いので環境を選ばず安全に使えるのがダニ捕りシートの最大のメリットです。

 

ダニをシートを置いた場所に集めてしまえることで死骸やフンのアレルゲンの発生を減らしてダニに対してのアレルギー症状の緩和 も見込めます。

 

布団に潜むダニを減らしてダニに刺される頻度を低くすることにも繋がるので、掃除機がけや布団乾燥機を使う負担も減らせます。

 

置くだけで誰でも簡単に扱うことができる導入の簡単さは、他の方法では真似できないものになっています。

 

大体1ヶ月ほど様子を見ることが多いものですが、早ければ設置した日から効果を実感できる場合もあり、必須のアイテムとして常備する利用者が多くなっています。

 

利用のコツとしては寝具に置く場合、ダニ捕りシートの位置が就寝時に重なると、付近に集まったダニに刺される場合もあるため身体がシートとなるべく離れる位置に置くのがポイントです。

 

「デメリット」

  • 必ずしも高価なシートで効果が出るわけではない
  • 屋内ダニでなければ効果が無く、イエダニには効かない
  • 誘引剤の匂いに誘われたペットがシート本体を壊すことも

メリットに反してデメリットも必ずあるのですが、ダニ捕りシートの多くは屋内で増えるチリダニ、ツメダニ、コナダニの屋内ダニをターゲットにしています。

 

名前に反して、ネズミが媒介する屋外ダニのイエダニには効果が無いのが特に注意が必要な部分です。

 

イエダニが原因のダニ刺されの場合は、屋外ダニ用の対策とネズミを家から撃退する方法を考えなければなりません。

 

環境によって同じダニでもシートの効果の出方がまちまちになることがあるのが、ダニ捕りシートの難しい部分です。

 

下記で紹介するように価格帯も様々で、高価なことで効き目が得られるのかは使ってみるまで分からないのが実情です。

枚数が少ないお試しセットから始めるのが商品を選びやすくなります。

 

ダニ捕りシートに使われる誘引剤の匂いも様々で、ラーメンのような匂い、柑橘系、甘い匂いなどで例えられるのですが匂いにつられてペットがシートをおもちゃにして壊すという例も散見します。

ペットの為に用意したはずが、ということも起こりうるのが難点です。

 

ダニ捕りロボにはペットのケージ用にハードケースが用意されていますが、ペットの害が及ばない設置場所を選ぶ必要も出てくる可能性があります。

 

この点を除けば、3ヶ月おきに交換しておくだけで効果を発揮してくれるのでうまく活用していきたい方法です。

 

おすすめのダニ捕りシートはこちら

 

 

・ダニピタ君 5枚入り 5400

 

国内のダニ捕りシートとして人気が高い商品といえば、こちらの商品が挙がってきます。

柔らかい布製で、ダニを誘引剤でおびき寄せ、内部の粘着シートに付着させて捕らえるタイプのシートです。

大手通販サイトでは主に楽天で扱われています。

定期購入サービスを使いたい場合は公式サイトの割引サービスを使うのがおすすめです。

 

Amazonでは取り扱いがありませんのでダニピタ君を購入する際は注意しましょう。

 

「ダニピタ君 公式サイト」


 

・ママのための置くだけ簡単ダニシート 51980円/10枚 3100(Amazon)

 

リーズナブルな価格でこちらも人気が高いダニ捕りシートです。

殆どの商品が5枚入りなのに対して、こちらのパッケージは10枚でこの価格!

 

大手の通販サイトはもちろん、公式サイトでも購入できます。

女性用の商品を扱っていて、名前の通り女性のため、ママのために優しい商品作りが多くされています。

 

「あしたるんるん 公式サイト」

 

 

・ダニ捕りロボ ケース+ソフト詰替用マット5枚 8100

 

シート本体を専用の付属ケースに入れて保護した状態で使える、詰替えタイプです。

多くのダニ捕りマットが、内部のスフゴム系粘着シートにダニを粘着させるタイプなのですが、ダニ捕りロボの場合は中身に誘引剤の他にシリカゲルが入っています。

シリカゲルがダニに付着することで、ダニの活動に必要な身体の水分を奪い、さらに呼吸器を塞いで窒息させるという徹底した仕組みでダニを退治します。

日本とアメリカの二ヶ国で特許を持っている方法です。

 

専用のケースに入れることから、若干厚めの使用感になりますがシート本体の擦過が気になる場合にも向いています。

サイズのラインナップも、通常のレギュラーサイズの他ラージ、プチサイズ、ハードケースが用意されているので様々な場所に設置することも考慮されています。

購入方法もオンラインショッピング以外にもテレビショッピングの電話。

 

全国の生協、通販生活、dinosLivingのカタログショッピングなど、インターネット回線を扱っていない人でも購入できる方法が用意されています。

ラインナップと購入方法にも選択肢があるのがネットショッピングのみの他の商品と違った特徴とも言えそうです。

ここで紹介した以外にも高い効果と人気のダニ捕りシートがたくさんあります。

お住まいの環境に合っているシートを是非活用して下さいね。

 

⇒おすすめのダニ捕りシートはこちら