ムカデを家にあるもので退治する方法

熱湯をぶっかける

虫に直に熱湯をかけて退治!

大抵の虫はこの方法で退治できます。

ムカデも選に漏れることはありません。

 

生き物で高温に強いのは、温泉や深海の特殊な環境にいる生き物ぐらいでしょう。

 

どうしても熱湯を用意するための時間は必要になりますが、殺虫剤と違って薬へのアレルギーなどを心配する必要はありません。

 

ある程度の温度、50℃程度でもムカデには効果がありますので、出てくる場所が決まっていたら有効な方法になります。

 

ムカデ以外にも巣食っているアリの巣にかけると、確実に退治が出来ます。

水道水を沸かすだけで準備できるので、まとまった範囲で虫を退治したいと考えているときに便利です。

 

高温によるやけどへの注意は必要ですが、一番楽な方法と言えるかもしれません。

 

ムカデを直接捕まえて湯に入れる場合はピンセットやトングなどでうまく掴んで素早く湯に入れる必要があります。

 

虫が苦手な人の場合は勇気が必要な方法ですね。

 

近くにあるもので叩きつぶす

近くに新聞や汚れても構わない雑誌、スリッパがあれば遠慮なく叩いて退治しましょう!

ムカデに限らず、厄介な虫が出てきた時にはこれが一番です。

 

難点は力いっぱい叩いて潰してしまうと、掃除が大変なのでそちらの覚悟が必要なことでしょうか。

いざというときに対処しやすいことに関しては他の方法よりも上回っていることは間違いありません。

 

この方法も薬品の成分を気にせずに使える方法なので、安全性が高い方法です。

家庭用の洗剤で応急で対抗する

風呂場や流しの水場でムカデに遭遇した時には、液状の洗剤をかけることでもムカデの退治ができます。

 

洗剤の働きで、ムカデの身体の表面の撥水力を失くしてムカデの気門を塞いで呼吸をできなくなることで退治することが出来ます。

スプレーの洗剤が効果をより得やすくなっています。

 

殺虫用の道具ではありませんので、ムカデの退治に使えるとはいっても無駄に使うのはもったいないですが、効果のある方法です。

 

キンチョールなどの殺虫スプレーをかけまくる

厄介な害虫対策に1本は常備しておきたいのが殺虫剤です。

スプレーをかけるだけで効果があるので、叩いたり熱湯を用意するよりも遥かに手軽な方法です。

各昆虫用を使い分けると効果がより高まりますので、効果がある昆虫の種類を確認して購入しましょう!

 

殺虫成分を用いている製品が多いので、アレルギーなどが気になる人は強力な成分のものに少し注意が必要ですが、虫をむやみに追いかけ回すとか、叩きすぎて潰れてしまった虫を四苦八苦して片付けることがないので楽な方法です。

 

ムカデは素早い上に狭いところも平気なので、ノズル付きの狭いところにスプレー出来るタイプの商品も用意しておくと便利です。

 

広いところなら叩くのが手軽ですが、狭いところだと専用のスプレーが便利さでも一枚上手だと思います。

逃げた相手に、歯噛みすることもなくなります!

 

改めて、殺虫剤の成分が気になる体質の人や、ペット、赤ちゃんが居ても安心して使えるタイプの殺虫スプレーがあります。

 

殺虫成分を一切含まず、昆虫の身体の温度を一気に下げて退治するガスのスプレーです。

液体窒素のように直接冷たいものではないので、扱いやすいものになっています。

 

高温と同様に低温にも強い昆虫は限られますので、虫退治に是非活用したいですね!

 

自分でムカデ退治するメリット・デメリット

自力でムカデの退治を行うメリットは、自分で時間を選ばずに自分のペースで行えることが第一です。
薬の成分など気になる要素も自分で把握して、対処方法を選んで決めることも出来ます。
予算についても自分の懐具合を分かっての上でできますので間違いはありません。

 

発生するのが少数であれば、自分で退治するのが時間もコストも負担をかけずに済みます。

 

デメリットとしては、ムカデの発生源が知識を持っていないと把握しにくいこと。
大量に発生してしまった時には手に負えないことです。

 

ムカデは同じ多足類のゲジゲジやヤスデと違って毒も持っていますので、退治の中で刺された時に痛みなどにも悩まされる事になってしまいます。

 

どうしても外見が苦手などで躊躇してしまいがちな虫ですから、思ったように退治するのが進まないこともあるでしょう。

 

ムカデを家の中に入ってこないようにするには?

そもそもムカデが家に入ってくる理由を知る

屋外で生活しているはずのムカデがどうして人家の中に入り込んでくるのかを知るのが第一です。

 

天井やエアコンの中からいきなり降ってきたり、布団などに入り込んでいて刺されたり。
外見もグロテスクな生き物だけに、怖さを感じることも多いですね。
実際にムカデは毒を持っているだけに、刺されると厄介なものです。

 

そんなムカデが家に入り込む理由は、屋外だけに限らず人家の中にもムカデにとって好ましい環境があるからです。

 

  • ジメジメした空気
  • 暗くて隠れやすい場所
  • ムカデの食料になるゴキブリなども住み着きやすい

 

これらの代表的な条件が揃っているためです。

 

いい住処と食べ物の両方が手に入るのなら、無理に他に行かなくてもいい、というのはどんな生き物でも同じなのです。

 

天井裏、壁、サッシ、破れた網戸などの隙間、使われない排水口、通気口からも入ってきますので、出来る限り塞げるものは塞ぐようにしましょう。

 

家の換気をよくする

ムカデは暗く湿度が高いところを好む生き物です。
初夏の5月から6月あたりは産卵の時期でもあります。

 

梅雨時など空気がジメッとしやすい時期に出現が増えるところに特に湿度を好んでいるのが表れていますね。

 

家の中の空気の廻りを良くして、可能な限り湿度が籠もらないように対策しましょう。通気性を良くすることで、カビの予防対策にもなります。

 

特に家で湿度が上がりやすいのは浴室ですが、台所などの隠れる場所が多く調理や洗い場で水が多いところにも注意が必要です。

 

ムカデは大変に水を好む性質を持っています。
固形の食料よりも、水が大切なほどで水分で活力を得ています。

 

退治しようとしても逃げられてしまう場合は、水を置くと寄ってくる性質を持っているので是非試してみてくださいね!

 

ムカデの餌となるものをできるだけ置かない

魚肉ソーセージなどの肉類だけでなく、カブトムシやクワガタの飼育にも使う昆虫用のゼリーも食べます。

 

ムカデの家の中への侵入は温度や湿度の条件だけでなく他の種類の害虫も引き金になっています。
更に、ゴキブリなどの異なる害虫がいる場合は、ゴキブリの卵を食べるムカデの恰好の食料が居るわけですからムカデにとってはごちそうを摂りやすいところに出やすいのも当たり前ですね。

 

肉で出来た食べ物はムカデもゴキブリも好む傾向にあり、食べ物を徹底して片付けるのは、両方の虫の発生予防対策になります。

 

ムカデはゴキブリの卵を食料にしているのでゴキブリを根本から退治してくれる虫ですが、毒を持っているので刺されると面倒事も待っています。

 

お子さんやお年寄り、虫刺されにアレルギー反応を起こしてしまう人の安全の為にもゴキブリは勿論、ムカデも寄せ付けない対策を取りましょう!

 

ムカデ退治を業者に頼んだ方がいい時もある

自分で出来る対処方法を記載してきましたが、ムカデが退治しても退治しても出てくるような場合は業者への依頼も検討した方がいいでしょう。

 

外に作られた巣に居るムカデを退治できないと発生を抑える事はできません。
専用の道具とムカデへの知識など用意するのが大変なものもあります。

 

相当数のムカデが巣食ってしまっている証拠なので、自分たちで薬を用意して対応するよりも生息しやすい場所を把握して的確に対策を練ってくれる業者に依頼したほうが対策に費やす時間を抑えることも可能になります。

 

まとめ

今回は、ムカデを自力で退治するのに使える簡単な方法をピックアップしました。

 

  • 熱湯をかける
  • 洗剤をかける
  • 近くにあるもので叩く
  • 殺虫スプレーを使う

 

といった身近な退治の方法。

 

  • ムカデが家に入る理由を知る
  • ムカデが好むものを置かない
  • 家の中の換気を良くする

 

これらの簡単に出来るムカデが家に寄せ付けないための方法一緒に紹介してきました。

比較的簡単に身近にあるものでもムカデに対処することは出来ます。

もしも試してうまくいかない、とにかくムカデの発生が止まないというときは業者に依頼する目安になると思います。