ツメダニなどの人間の体から体液を吸うタイプのダニに刺されると、小さな発疹ができ、痒みがしばらく続きます。

放置していても体調に問題が無ければ1週間もあればほぼ治ってしまうのですが、痒みは耐えることが難しいため、できれば薬を使ってさっさと治療したいと考える方も多いでしょう。

そこで、今回はダニに刺されたときに効果がある市販薬についてご紹介します。

 

 

ダニ刺されにはどんな薬が効果的?

薬について紹介する前に、何故ダニに噛まれると腫れたり痒くなるのかを知っておきましょう。

人間の体は、異物が体内に侵入しようとすると、異物を無力化したり、排除するために抗体という仕組みが働きます。

 

この抗体はさまざまな病気に感染するのを防いでくれるとても大切な仕組みなのですが、体質などによっては特に悪影響の無いものに対して異常なまでに反応することがあるのです。

この、本来問題の無い異物に異常に反応することで起こるのがアレルギーという症状で、ダニや花粉、食物などで特に起こりやすいと言われています。

 

ダニなどの昆虫に刺された場合、痒みや腫れが出るのは、昆虫の唾液が体内に侵入するために起こる抗体の反応が理由です。

この反応自体は正しい反応なため、アレルギーというほど激しい反応はしないのですが、どうしても炎症などの反応が起こるため、腫れによって神経が刺激され、痒みとして現れます。

 

つまり、ダニに噛まれた際には、発生する炎症や痒みを抑える成分が入った薬を使えば、辛い虫刺されの痒みを治療することができるのです。

 

 

ドラッグストアなどで購入できるおすすめの市販薬

というわけで、ダニに噛まれた時にオススメの市販薬を紹介します。

基本的に、炎症を鎮めて痒みを抑える成分が入っている薬なら何でも効果がありますので、噛まれた時のためにひとつ用意しておくと良いでしょう。

 

 

ウナコーワエースG

ウナコーワブランドの虫刺され薬は、昔からお世話になったという方も多いのではないでしょうか。

液体を塗るタイプの製品から、クリーム状、ジェル状のものまでさまざまなタイプの製品が販売されており、用途に合わせて使い分けられるのが特徴です。

特にご紹介しているウナコーワエースGは、強い痒みや腫れに効果のあるステロイドが含まれる製品。

 

ダニや蚊のようなちょっとした害虫による被害には多少強すぎる薬ですが、蜂やアブ、ムカデなどの症状の重い昆虫による被害にも対処できますので、救急箱にひとつ用意しておくと良いでしょう。

 

 

ムヒアルファEX

こちらもウナコーワエースGと同じく、ステロイド配合の虫刺され薬です。

ステロイドの強さはウナコーワエースGより強いものが使われていますので、ダニ以外の虫刺されにも有効な薬となっています。

 

ステロイドというと副作用が気になるところですが、こちらの製品では患部で効果を発揮した後に効力を失うものが使われているため、患部以外の場所に影響を与えにくく、安心して使用することができるでしょう。

強い痒みがある場合などは、頻繁に薬を塗るより強い薬で一気に治した方が体に与える影響も少なくなると言われています。

 

 

ムヒアルファS2

こちらはムヒアルファシリーズの中でも、効き目の速さに特化した製品です。

痒みを抑える成分が他の商品の2倍含まれているため、辛い痒みをすぐに抑えることができるでしょう。

また、痒みの原因となる炎症を抑えるステロイドも配合されているので、痒みを抑えつつ早い段階で治療することもできます。

 

 

痒みが強すぎたり、刺された数が多い場合は病院へ

ちょっとした虫刺され程度の被害なら、市販薬で十分対処することができます。

ですが、布団に繁殖したダニに体中を刺されてしまった場合や、アレルギー反応が起きて粘膜や皮膚に強い炎症が出てしまったときは、市販薬で対処することはできません。

このような時には、皮膚科を受診し、症状にあった薬を処方して貰いましょう。

 

皮膚科などで処方される薬は、市販より強いステロイドを用いたものになります。

医師の指示に従って使用する分にはステロイドの副作用で困ることはまずありませんので、用法用量を守って正しく使用しましょう。

 

アレルギー症状については飲み薬が処方されることが多いようです。

花粉症などの症状に良く用いられているアレグラなどの抗アレルギー剤は、ダニアレルギーによる目の痒みやくしゃみに効果的ですので、これらの症状が出た場合は一時的に市販の花粉症の薬で応急的に対処することもできます。

ただ、本格的な治療については処方薬と屋内のアレルゲン除去が重要です。

 

治療については病院に任せるのが1番ですが、アレルゲンの除去については掃除やダニ対策グッズを利用することで対処できます。

布団やカーペットなどのダニが生息しやすいものは加熱して殺虫し、掃除機で死骸をしっかり除去しましょう。

 

また、生き残ったダニがまた繁殖してしまわないように、ダニ捕りマットなどのダニを継続的に捕獲できるアイテムを使うのも効果的です。

 

効果が高いダニ捕りマットのランキングはこちら